GETTY

Photo: GETTY

サム・スミスは通算3作目となるニュー・アルバム『ラヴ・ゴーズ』をリリースすることを発表している。

加えてサム・スミスは今週予告してきたアルバムからのリード・シングル“Diamonds”をリリースしている。

ブラック・ドッグ・フィルムズが監督したミュージック・ビデオも公開されており、雨が降る草原や薄暗い家の中でサム・スミスが踊るものとなっている。

ミュージック・ビデオはこちらから。

ソーシャル・メディアでサム・スミスは2年にわたって曲を書いてきた『ラヴ・ゴーズ』が10月30日にリリースされることを発表している。

「ここ2年は人生でも最も実験的な期間だった。個人的にも音楽的にもね」とサム・スミスは述べている。

「スタジオに行く度に高い目標を掲げて、制限を設けないことを自分に誓ってきたんだ。その結果はマジカルで、癒やしで、楽しかったよ」

「音楽への愛は広大で、音楽による禁断の喜びがすべて純粋な喜びとなったんだ」と彼は続けている。

「罪や恥ずかしさはなく、歌うこと、生み出すこと、そして踊ることへの愛だけになったんだ」

サム・スミスのサード・アルバムは当初『トゥ・ダイ・フォー』というタイトルで5月1日にリリースされる予定だったが、新型コロナウイルスのパンデミックを受けてタイトルが変更され、延期されていた。

「ここ数週間でたくさんのことを考えて、アルバムのタイトルとすぐのリリースはふさわしくないと思ったんだ。だから、アルバムの制作を続け、大きく変化させ、内容を追加することにしたんだ」と当時サム・スミスは述べている。

今年に入ってサム・スミスはデミ・ロヴァートとの“I’m Ready”、バーナ・ボーイとの“My Oasis”、ティワ・サヴェージとの“Temptation”をリリースしている。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ