Jacob Boll

Photo: Jacob Boll

ベン・ハーパーは来たるニュー・アルバムより新曲“London”が公開されている。

ベン・ハーパーはニュー・アルバム『ウインター・イズ・フォー・ラヴァーズ』をリリースすることが決定している。同作はハーパーと彼のラップ・スティール・ギターだけで構成された15曲入りの作品で、シンフォニーをイメージしたオリジナルのインストゥルメンタル曲が収録される。発売日はまだ明らかになっていない。

“London”はこちらから。

アルバムからは“Inland Empire”も公開されている。

ベン・ハーパーは新作について次のように語っている。「これは私にとって初めてのインストゥルメンタル・アルバムです。 私と私のラップ・スティール・ギターだけで構成されています。 まるであなたのリビングルームで演奏しているかのような、親しみやすくて惜しみのないサウンドになるように意図的に制作されています。 最初に聴いたときは驚くかもしれません。現代の多くの曲とは対照的に、劇的に削ぎ落とされているので、人によっては驚きを感じてしまうかもしれません」

「私はフラメンコ、クラシック、ハワイアン、ブルースギターの大ファンで、これらの影響がこのアルバムに表現されていることを願っています。 私は大人になってからずっと作曲をしてきましたが、このアルバムが私に与えた挑戦は全く新しいものでした。 ギター1本と言葉を使わず、一つ一つのニュアンスを顕微鏡で観察しながらアルバム全体を録音するというのは、これまでに作ったどのアルバムよりも要求が高く、やりがいもあったのです」

アルバムのトラックリストは以下の通り。

1. Istanbul
2. Manhattan
3. Joshua Tree
4. Inland Empire
5. Harlem
6. Lebanon
7. London
8. Toronto
9. Verona
10. Brittany
11. Montreal
12. Bizanet
13. Toronto (Reprise)
14. Islip
15. Paris

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ