GETTY

Photo: GETTY

ビリー・アイリッシュはブライアン・バウムガートナーのポッドキャストの最終話にスペシャル・ゲストとして出演してドラマ『ジ・オフィス』について語っている。

全12話の『アン・オーラル・ヒストリー・オブ・ジ・オフィス』と題したポッドキャストは7月からスポティファイ独占で配信されており、ドラマ『ジ・オフィス』の制作について追ったものとなっている。

ポッドキャストの最終話はドラマでケヴィン・マローンを演じたブライアン・バウムガートナーがスティーヴ・カレルと共に番組の大ファンであるビリー・アイリッシュと話すものとなっている。

会話の中でビリー・アイリッシュは『ジ・オフィス』の全話を14回観たと語っている。「観る度に新たに理解することがあるの。だって、観始めたのが12歳だったから」

「正直、両親に訊かれたらバカだと思われそうだけど、私の知っているほとんどのことは『ジ・オフィス』のおかげなの」

「ストレスがないのよね。何度も観ているからだと思うけど」とビリー・アイリッシュは続けている。

「テレビで観たことはなくて、小さなテーブルで(携帯で)観てた。部屋を掃除したり、トイレに行ったり、シャワーを浴びたりしながら観るの」

「現実の生活とは離れたところに連れて行ってくれるの。安全な場所なのよ」

ビリー・アイリッシュが『ジ・オフィス』の大ファンであることはよく知られていて、ドワイト・シュルートを演じたレイン・ウィルソンは彼女にクイズを出題していた。

ビリー・アイリッシュは“my strange addiction”で『ジ・オフィス』の台詞がサンプリングされていることも明らかになっている。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ