GETTY / MARVEL

Photo: GETTY / MARVEL

レディー・ガガは映画『X-MEN』シリーズでホワイト・クイーンことエマ・フロストを演じると報じられている。

レディー・ガガは俳優業でもいくつかの成功を収めており、『アメリカン・ホラー・ストーリー:ホテル』ではゴールデン・グローブ賞を受賞しており、『アリー/スター誕生』ではアカデミー賞最優秀女優賞を受賞している。

今回、『ウィ・ゴット・ディス・カヴァード』によれば、映画『X-MEN』シリーズがマーベル・シネマティック・ユニバースに入るにあたって、マーベルはレディー・ガガにエマ・フロストを演じてもらいたいと考えているという。

コミックではX-MENの宿敵からジェネレーションXの教師になったエマ・フロストはテレパシー能力とドライなウィットで知られている。

2011年公開の『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』ではエマ・フロストをジャニュアリー・ジョーンズが演じていたが、コミックの世界観に合っていないと批判を受けていた。

映画『X-MEN』シリーズに関係するミュージシャンはレディー・ガガだけではなく、ジャネール・モネイはストームを演じることに興味があると語っている。

「前にも言ったことがあるんだけど、私の夢の一つはストームを演じることなの。ストームが『ブラックパンサー』に登場するのかは分からないけど、そうなったら夢みたいだわ。どうみんなが考えるのかは分からないけどね」

彼女は次のように続けている。「多くの女性がストームを演じているけど、みんなは並外れた仕事をしていて、そのラインに是非とも加わりたいわ」

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ