Tom Oxley/NME

Photo: Tom Oxley/NME

アニマル・コレクティヴが、米ボルチモア・ワシントン国際空港でニュー・アルバムを初公開したという。

バンド・メンバー、エイヴィー・テアの従兄弟であるマット・ベイツは、インスタグラムに次のように投稿している。「ボルチモア・ワシントン国際空港のすべての場所でアニマル・コレクティヴの『新しい』アルバムが聴こえているのは僕だけ?」

その後、エイヴィー・テアはマット・ベイツの投稿にいいねを押し、自身のインスタグラムに飛行機の写真とともに「見つかっちゃった?」と返信している。

マット・ベイツの次なる投稿によると、アルバムが特によく聞こえるのはトイレ、展望エリア、セキュリティ・チェックをする前の場所とセキュリティ・チェック後の大きなラウンジで、午後6時まで聴くことができたという。

レディット内では、アルバムのタイトルが『アンコンファームド・ペインティング』であり、12曲が収録されることが公開されているが、いずれもまだバンド側の最終確認はとれていないという。

現在公開されている、アルバム『アンコンファームド・ペインティング』のトラックリストはこちら。

01. Floridada
02. Hocus Pocus
03. Vertical
04. Lying in the Grass
05. The Burglars
06. Natural Selection
07. Bagels In Kiev
08. On Delay
09. Spilling Guts
10. Summing the Wretch
11. Golden Gal
12. Recycling

アニマル・コレクティヴは、現時点での最新作『センティピード・ヘルツ』を2012年にリリースしているが、今年スタジオに入ることを認めており、7月にはレコーディングが終わったとも報じられている。

次回作は、通算10作目のアルバムとなる。

今年5月の時点で、新作のレコーディングについてパンダ・ベアことノア・レノックスは以下のように語っている。「ここ5週間くらいを使って、猛烈に素材を作り出しているところなんだ。デイヴも同じことをやってると思うよ」

「メンバーみんな、やってると思うよ。スタジオに入る具体的な見通しはまだないけどね。でも、今年のどこかでレコーディングをすることは間違いないと思うよ」

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ