YouTube/Adidas

Photo: YouTube/Adidas

ニュー・オーダーはアディダスと協力して「nwrdrSPZL」と題したカプセル・コレクションを立ち上げることを発表している。

ニュー・オーダーはアディダス・スペツィアルの生みの親であるゲイリー・アスプデンから連絡を受けてアディダスと手を組んでいる。

ニュー・オーダーはドイツにあるアディダスの本社を訪れて、ゲイリー・アスプデンと共にニュー・オーダーのサウンドやアートワークにインスピレーションを得たアイテムを制作したという。

アイテムにはアディダスならではのストライプとニュー・オーダーのスリーヴ・パッチが付いたアウター・ジャケットなどが含まれ、基本デザインはバーナード・サムナーがセーリングを好きなことが反映されている。

マリン・カルチャーと結びついたニュー・オーダーならではのコレクションはフットボール・シャツには39ツアーのグラフィックが使われており、胸にはニュー・オーダーの楽曲からとられた「586」の文字が描かれている。

コレクションには39ツアーのグラフィックとアディダスのオリジナル・デザインを組み合わせたジャージもある。

ニュー・オーダーのバーナード・サムナーはここ数年ライヴでウィルシー・スペツィアルを履いており、それを反映したスニーカーも発売される。

ゲイリー・アスプデンは次のように述べている。「今回の商品の発売は相乗効果の上に成り立つもので、バーナード・サムナーとウォーレン・ジャクソンはヘルツォーゲンアウラハにあるアディダスの本社を訪れてくれて、私やスペツィアルのチームと共にすべてのディテイルを監修して、合意してくれたのです」

「映像にはニュー・オーダーの最新楽曲である“Be a Rebel”をリエディットしたものが使用されており、個人的にも取り組めたことを誇りに思うプロジェクトとなっています」

先週、ニュー・オーダーは5年ぶりとなる新曲“Be a Rebel”をリリースしている。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ