GETTY

Photo: GETTY

テイラー・スウィフトは『フォークロア』収録の“The Last Great American Dynasty”を映画化するアイディアに賛同している。

「@TSlifestyle13」というツイッター・ユーザーは曲を原案とした映画のアイディアを投稿しており、「すごい映画を作ることになる」と述べている。

「物語は普遍的かつ唯一無二なものとなり、音楽は優雅で、既に完璧なタイトルを持っている」とツイートは続けられている。

理想のキャストについてもツイートでは言及されており、かつてテイラー・スウィフトのロード・アイランドにある家を所有していたレベッカ・ハークネスをブレイク・ライヴリーが、石油王のビルをライアン・レイノルズが、レベッカと確執のあった隣人をジェシー・タイラー・ファーガソンが演じるべきだと述べている。

ジェシー・タイラー・ファーガソンはテイラー・スウィフト、ブレイヴ・ライヴリー、ライアン・レイノルズの3人をタグ付けしながら「OK、これなら僕はやるよ」と述べている。

ライアン・レイノルズも反応を示して、曲で歌われるビルの不幸な運命について言及している。それに対してテイラー・スウィフトは「『この街で一番うるさい女』になるつもりはないけれど、これは気に入ったわ」とツイートしている。

ブレイク・ライヴリーはレベッカ・ハークネスが猫をキー・ライム・グリーンに染めたという逸話が一部であるとされることから「ライアンをキー・ライム・グリーン色にしてやるわ。彼が目を覚ますのが待ちきれない」とツイートしている。ジジ・ハディッドのような他の有名人も映画化のアイディアに賛同している。

テイラー・スウィフトは今週初めて“Betty”のライヴ・パフォーマンスを披露することが明らかになっている。

テイラー・スウィフトは現地時間9月16日にナッシュヴィルで行われる第55回アカデミー・オブ・カントリー・ミュージック・アウォーズの授賞式に出演して、同曲を披露することが決定している。授賞式はソーシャル・ディスタンスをとって、ライマン・オーディトリアム、ブルーバード・カフェ、グランド・オール・オープリー・ハウスという3ヶ所の会場で行われる。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ