GETTY

Photo: GETTY

クレイロはアップルヴィルのチャリティの生配信で2曲の新曲を披露している。

オンラインで開催されたこのイベントには100ゲックス、チャーリーXCX、ケロ・ケロ・ボニト、A.G.クックらも参加している。

クレイロは自宅でアコースティック・ギターによるパフォーマンスを披露している。

インスタグラムでパフォーマンスの動画を投稿したクレイロは次のようにキャプションに記している。「2曲の新曲、いつ日の目を見るかは分からないけど、今取り組んでいるいくつかの曲を公開しようと思ったの」

動画はこちらから。

チケットが販売されたこのイベントの収益はUKのトランスジェンダーとその家族を支援するチャリティ団体のマーメイズとUKで最初の黒人の文化団体であるブラック・カルチュラル・アーカイヴスに寄付される。

クレイロは先日ラナ・デル・レイの新作『ケムトレイルズ。オーヴァー・ザ・カントリー・クラブ』に参加しているのではないかという噂に言及している。「参加してないわ」とクレイロはツイートしており、その上で次のように述べている。「でも、素晴らしいものになるのは間違いないわ」

8月にクレイロは1977年発表のカーリー・サイモンの楽曲“Nobody Does It Better”をキーボードでカヴァーした動画を投稿している。

クレイロは2020年に入っていくつかのカヴァーを公開しており、アナ・ドミノの“Everyday, I Don’t”やジョニー・フリンの“Brown Trout Blues”をカヴァーしている。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ