GETTY

Photo: GETTY

テイラー・スウィフトは今週初めて“Betty”のライヴ・パフォーマンスを披露することが明らかになっている。

“Betty”は7月にサプライズ・リリースされた最新作『フォークロア』に収録されている。

テイラー・スウィフトは現地時間9月16日にナッシュヴィルで行われる第55回アカデミー・オブ・カントリー・ミュージック・アウォーズの授賞式に出演して、同曲を披露することが決定している。授賞式はソーシャル・ディスタンスをとって、ライマン・オーディトリアム、ブルーバード・カフェ、グランド・オール・オープリー・ハウスという3ヶ所の会場で行われる。

テイラー・スウィフトがアカデミー・オブ・カントリー・ミュージック・アウォーズの授賞式に出演するのは7年ぶりとなる。授賞式はキース・アーバンが司会を務め、ミランダ・ランバート、ケルシー・バレリーニ、ティム・マグロウ、フロリダ・ジョージア・ラインらが出演する。

アカデミー・オブ・カントリー・ミュージック・アウォーズの授賞式は日本時間9月17日午前9時より行われる。

テイラー・スウィフトの『フォークロア』は全米アルバム・チャートで4年ぶりに6週連続1位を獲得している。米『ビルボード』誌によれば、テイラー・スウィフトは2016年発表のドレイクの『ヴューズ』が13週連続1位を記録した以来、最長の連続1位を記録している。

また、ケイティ・ペリーはテイラー・スウィフトの影響で自分のすべてをさらけ出すドキュメンタリーの制作を計画しているという。ケイティ・ペリーは今年『ネットフリックス』で配信されたテイラー・スウィフトのドキュメンタリー『ミス・アメリカーナ』に影響を受けたと説明している。「すごい量の映像を撮影していて、あれは一つのツアーとか、一つのアルバムのサイクルに留まらないものよね」

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ