GETTY

Photo: GETTY

ケイティ・ペリーはテイラー・スウィフトの影響で自分の「ジューシー」な部分をすべてさらけ出すドキュメンタリーの制作を計画しているという。

通算5作目となるアルバム『スマイル』をリリースしたばかりのケイティ・ペリーだが、前作『ウィットネス』をリリースして以降のツアーの様子やスタジオの模様を撮影した映像を制作している。

「最初は何かを出そうという考えだけだったんだけど、時が経つにつれ内容がジューシーなものになっていったの」とケイティ・ペリーは『デイリー・スター』紙に語っている。「『ウィットネス』の頃は大きな本の一つの章だと思っていて、それはまだ終わっていないのよ」

「まだ5章しかないけど、8章とか9章とか10章とかになるんでしょうね。素晴らしい映像があるのよ。常に記録していたの」

ケイティ・ペリーは今年『ネットフリックス』で配信されたテイラー・スウィフトのドキュメンタリー『ミス・アメリカーナ』に影響を受けたと説明している。

「感銘を受けたのはテイラー・スウィフトのドキュメンタリーだったのよね」とケイティ・ペリーは語っている。

「すごい量の映像を撮影していて、あれは一つのツアーとか、一つのアルバムのサイクルに留まらないものよね」

先日、ケイティ・ペリーは俳優のオーランド・ブルームとの第一子である女児を出産している。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ