GETTY

Photo: GETTY

イアン・ブラウンは新型コロナウイルスのパンデミックの中でワクチン反対派と見られる自身の見解を示し、批判を受けている。

現地時間9月5日にイアン・ブラウンは「ロックダウンも検査も追跡もマスクもワクチンもいらない」とツイートし、「リサーチ&デストロイ」というハッシュタグを付けている。

一方、ザ・ストーン・ローゼズのギタリストであるジョン・スクワイアはイアン・ブラウンと反対の考えを示し、マスクや外出自粛を支持するツイートを投稿している。

「マスクを着けよう。気を付けよう。自分と他人のことを気にかけるんだ。モーカム&ワイズ」

イアン・ブラウンのツイートに対して複数のミュージシャンが反応を示しており、次のようにツイートしている。「イアン・ブラウンのことは本当に大好きだけど、彼がああいうツイートをしたことには落ち込んだよ」

DJのデイヴ・ハスラムはイアン・ブラウンのツイートへの反応としてジャマイカのキングストンで入院して集中治療室にいるトゥーツ・アンド・ザ・メイタルズのフロントマンであるトゥーツ・ヒバートの記事をシェアしている。

「OK、トゥーツのようなレジェンドの回復を願おう」とDJのデイヴ・ハスラムはツイートしている。

イアン・ブラウンのファンは次のようにツイートしている。「イアン、あなたの音楽は大好きだけど、本当にハッキングされたことを望んでいるよ」

別のユーザーは次のようにツイートしている。「よし、1348年のようにワクチンで防げる病気で死ねばいいんだ」

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ