Pieter M Van Hattem/NME

Photo: Pieter M Van Hattem/NME

ブロック・パーティーが次のアルバムの進行状況についての最新情報を公開している。

バンドのフロントマンであるケリー・オケレケは今年3月に次のアルバムのレコーディングを開始したことを明らかにしていた。なお、同月にはベーシストのゴードン・モークスが脱退したことも明らかになっている。通算5作目となる新作がどんな作品になるかを伝える先行動画がここ数ヶ月で2本公開されてきたが、それに続く3本目の動画が公開されている。

この新しいビデオではバンドがボンゴを演奏する様子が撮影されている。約20秒のクリップはこちらから。

ブロック・パーティーは現時点での最新作『フォー』を2012年にリリースしており、翌年より活動休止に入ることになった。バンドは現在ケリー・オケレケとラッセル・リサックの2名のみとなっている。

オーストラリアのラジオ局「Triple J」に語ったところによれば、今年3月の時点でバンドは「レコーディングを開始」しており、「話すのは初めてだと思うんだけど、今アルバムを作ってるんだ」とケリーは語っている。「これまでやってきたどれとも違うんだけど、みんながいつも言うものにもなっているんだよね」

ケリーはこう続けている。「今は作曲/レコーディングの時期なんだよね。レコーディングを開始していて、だいたい18個ぐらいアイディアがあるんだけど、これから数ヶ月でそれを正式にレコーディングしていくつもりだよ」

新しい音源については「過去の自分たちからの進化系」であるとしていて、「今のところ、他のミュージシャンとかで引き合いに出せるものはないんだよね。過去にもいつだってできたんだろうけどね、いつも違うことをやっていたんだよね」としている。

ブロック・パーティーは2年ぶりとなるライヴを8月にロサンゼルスのFYFフェストで行う予定となっている。

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ