GETTY

Photo: GETTY

ファレル・ウィリアムスとジェイ・Zがコラボレーションした新曲“Entrepreneur”が公開されている。

新曲は「ザ・ニュー・アメリカン・レヴォリューション」と題したプロジェクトと共に公開されたもので、米『タイム』誌とコンテンツも制作されており、そちらにはタイラー・ザ・クリエイターやアンジェラ・デイヴィスらのインタヴューが掲載され、ブラック・ライヴス・マターの運動を追ったものとなっている。米『タイム』誌は「ブラックの大志を祝福するもの」と評している。

新曲“Entrepreneur”はこちらから。

ファレル・ウィリアムスは米『タイム』誌に新曲“Entrepreneur”について次のように語っている。「この国で起業家が事業を始めるのがどれだけ大変かについての曲なんだ。特に色のある人間にとってはね。構造的な不利さや意図的な障壁があるんだ」

「みんなで協力し合って、お互いを受け入れて、お互いを気遣えば、みんなにとってより多くのお金や機会が生まれるということを伝えようとしている曲なんだ」

雑誌「ザ・ニュー・アメリカン・レヴォリューション」では「アメリカの歴史を通して黒人が直面してきた構造的な不平等と、政治や医療、文化、スポーツ、教育においてより公平な未来をそうやって実現できるか」を掘り下げたものとなっている。

ファレル・ウィリアムスにとって“Entrepreneur”は昨年リリースされたゲサフェルスタインとのコラボレーション曲“Blast Off”以来の新曲となっている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ