GETTY

Photo: GETTY

マライア・キャリーは新たなコンピレーション・アルバム『レアリティーズ』がリリースされることが決定している。

マライア・キャリーはモノクロのアルバムのアートワークをツイートして、『レアリティーズ』が10月2日にリリースされることを発表している。

「これはファンであるみんなのためのものなの」と彼女は述べている。「長年に及ぶみんなの純粋な愛と応援に感謝したお祝いよ。本当に感謝しているわ」

マライア・キャリーとローリン・ヒルがレコーディングしたアルバムからのファースト・シングル“Save the Day”は明日8月21日にリリースされる。『レアリティーズ』には他に彼女の軌跡を辿る未発表曲やデモ、Bサイド曲などが収録される。

ディスク2には1996年3月7日に東京ドームにて開催された『デイドリーム・ツアー』の初日のライヴ音源が収録される。また、日本盤のみのスペシャル・ボーナス・ディスクとして同公演のフル・ライヴ映像が高画質化されBlu-rayが付属する。

マライア・キャリーはデビュー30周年を記念して様々な過去の音源などが公開されてきている。1990年の初ライヴ映像が公開されたのを初めとして、“There’s Got To Be A Way”、“Underneath The Stars”、“Always Be My Baby”のリミックスなども公開されている。

また、マライア・キャリーは回想録『ザ・ミーニング・オブ・マライア・キャリー(原題)』を9月29日に刊行することをソーシャル・メディアで発表している。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ