PRESS

Photo: PRESS

レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンのギタリストであるトム・モレロは“Killing In The Name”が最初はインストゥルメンタル・ナンバーだったことを振り返っている。

トム・モレロは米『ローリング・ストーン』誌のポッドキャスト「ミュージック・ナウ」に出演して、ブラック・ライヴス・マターの抗議運動でも歌われることになった“Killing In The Name”がどうやって完成することになったのかについて語っている。

「あれは最初はインストゥルメンタルだったんだ」とトム・モレロは語っている。

「カリフォルニア州立大学ノースリッジ校でレイジ・アゲインスト・ザ・マシーンがやった映像があるんだけど、あれが初めての公の場でやったパフォーマンスだったんだ。“Killing In The Name”のインストゥルメンタル・バージョンでライヴを始めたんだ。ティム(・コマーフォード)がいいベースのラインを思いついたんだったと思う」

「最初から観客が飛び跳ねるようなビートがそこにはあってね。それで、ザックが歴史的な歌詞を加えたんだ」

「『Fuck you, I won’t do what you tell me』というのは普遍的な感情だよね。シンプルな歌詞だけれど、最も素晴らしい歌詞の一つだと思っているよ」

先日、レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンのギタリストであるトム・モレロはブラック・ライヴス・マターに影響を受けたプロテスト・ソング“Stand Up”のミュージック・ビデオが公開されている。

イマジン・ドラゴンズのダン・レイノルズとのコラボレーションとなる“Stand Up”はシンガーのシーア・ダイアモンドとプロデューサーのザ・ブラッディ・ビートルーツが参加している。

“Stand Up”のミュージック・ビデオはこちらから。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ