GETTY

Photo: GETTY

オジー・オズボーンとシャロン・オズボーンの関係を描いた伝記映画が制作されていることをオジー・オズボーンの一家は認めている。

先月、オジー・オズボーン家は『ジ・オズボーンズ・ウォント・トゥ・ビリーヴ』というリアリティ番組に出演することが発表されていた。

このシリーズは懐疑的な両親を「本格的に超常現象を信じる人」に息子のジャックが変えていくものになるとされている。

今回、米『ローリング・ストーン』誌とのインタヴューでオズボーン家はオジー・オズボーンの映画が実現しそうだと語っている。映画はブラック・サバス時代を描かず、1970年代後半にブラック・サバスを脱退して、シャロン・オズボーンと交際を始めた頃から描かれているという。

「脚本家がいるんだ」とジャック・オズボーンは映画の進捗について語っている。「1979年から1996年までになるんだ。あまり多くは言えないんだけどね。でも、映画は制作中だよ」

「自分が理解していることはシャロンと自分の恋愛を描いたものになるということだよ」とオジー・オズボーンは続けている。「出会って、恋に落ちて、結婚するというね。彼女は俺のもう半分なんだ。彼女は俺と一緒に成長して、俺も彼女と成長したんだ」

シャロン・オズボーンは映画『ボヘミアン・ラプソディ』のように「清廉潔白」なものにはしたくないと語っている。

「映画『ボヘミアン・ラプソディ』はまだクイーンを聴いていなかったあらゆる世代をクイーンの音楽に向けさせた」と彼女は語っている。「その点では途轍もなかった。でも、素晴らしい映画だとは思わないの。事実とのタイミングなんかをすべて変えたでしょ。だから、『素敵』で太鼓判付きの映画になったわけだけどね」

「私たちの映画はもっとリアルなの。清廉潔白みたいなものにはしたくないわ。子ども向けなものにしたくないの。大人のための大人の映画を作りたいのよ」

オジー・オズボーンはシャロン・オズボーンが無名の俳優にオジー・オズボーンを演じてもらいたいと考えていることも明かしている。

オジー・オズボーンはその人生とキャリアを追ったドキュメンタリー『バイオグラフィー:ザ・ナイン・ライヴス・オブ・オジー・オズボーン』の初公開日が発表されている。

アメリカのネットワーク・テレビ局「A&E」は9月7日に初放送することを発表している。ただし、世界の他の地域でいつ公開されるかは分かっていない。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ