Angelina Castillo

Photo: Angelina Castillo

ブリーは来たるニュー・アルバムより“Prism”が公開されている。

“Prism”はロブ・パスコロが編集したミュージック・ビデオと共に公開されている。

“Prism”は8月21日にサブ・ポップよりリリースされるブリーの通算3作目となるアルバム『シュガーエッグ』に収録される。アルバムはスリーター・キニーやセイント・ヴィンセントを手掛けたジョン・コングルトンがプロデュースしている。

アルバムからはこれまで“Where To Start”、“Every Tradition”、“Hours and Hours”の3曲が公開されていた。

「起きる必要のあった変化というものがあって、このアルバムではそれが起こったの」とブリーのヴォーカリストであるアリシア・ボグナノは語っている。

「エゴや不安から逃れることで今回の曲はそれに値する関心をもたらすことになったの」

『シュガーエッグ』はアリシア・ボグナノが双極性障害に対する治療を受けてから作られた初めてのアルバムとなっている。

「今回は私にとってずっと見ることを望んでいた大きな絵というもので、最高の形で充実感のために駆り立てられたものだった」と彼女は語っている。

「能天気かつどうでもいいというアティテュードをこれらの曲を通して感じ取ってもらえたらと思う。というのも、だいぶいなかった場所に再び来られた感覚があるの。戻ってこられたことが嬉しいわ」

ブリーはシアトルのラジオ局「KEXP」のために収録された30分を超えるスタジオ・ライヴ映像が公開されている。

スタジオ・ライヴ映像はこちらから。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ