GETTY

Photo: GETTY

民主党の大統領候補であるジョー・バイデンが副大統領候補にカマラ・ハリス上院議員を指名したことを受けて音楽界からも反応の声が上がっている。

11月3日の選挙日に向けてカマラ・ハリス上院議員はジョー・バイデンの副大統領候補に指名されており、カマラ・ハリスは女性のアフリカン・アメリカン、南アジア・アメリカンとして初の副大統領候補となっている。

ジョー・バイデンはカマラ・ハリスについて「小さな男にとって恐れ知らずのファイターであり、この国で最も優れた政府職員の1人」とツイートしている。

カマラ・ハリスは副大統領候補に加わったことについて「光栄」だと述べており、「彼を最高司令官にするために必要なことをしていく」と述べている。

バラク・オバマ元大統領はカマラ・ハリスについて「職への準備ができているに留まらない」と述べ、次のように続けている。「今日はこの国にとって素晴らしい日だ。勝利を収めよう」ヒラリー・クリントンやバーニー・サンダースもカマラ・ハリスの副大統領候補を祝福している。

テイラー・スウィフトはカマラ・ハリスのツイートを引用して一言「イエス」と述べている。

P!NKは自身の「ハート家で本当に実際の嬉し涙」がこぼれたとツイートしている。

ジョン・レジェンドは次のように述べている。「僕らの友人で未来の副大統領であるカマラ・ハリスのことは本当に嬉しい。この悪夢の政権から回復し、少しでもいい未来を築くという難しい仕事を初めてもらうためにジョー・バイデンとカマラ・ハリスの候補に投票するのがものすごく楽しみだよ」

副大統領候補の決定に先立って、ディディ、ティンバーランド、タイ・ダラー・サインを含む100人のアフリカン・アメリカンの有名人は民主党の副大統領候補にアフリカン・アメリカンを選ぶように求める公開書簡に署名していた。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ