GETTY

Photo: GETTY

プリンスは未発表曲“Cosmic Day”の音源が公開されている。

プリンスは『サイン・オブ・ザ・タイムズ』のスーパー・デラックス・エディションが9月25日にリリースされることが決定している。

“Cosmic Day”は1986年11月15日にサンセット・スタジオのスタジオ3でエンジニアのスーザン・ロジャース、コーク・ジョンソンによってレコーディングされている。これまでコレクターの間でスニペットの形だけでその存在が噂されていた楽曲で、1988年のラヴセクシィ・ツアーの演奏の合間に使われていた。全編が公開されるのは初めてとなる。

“Cosmic Day”の音源はこちらから。

これまでも『サイン・オブ・ザ・タイムズ』のスーパー・デラックス・エディションからは“Witness 4 The Prosecution (Version 1)”と“I Could Never Take The Place Of Your Man (1979 Version)”が公開されてきた。

今回リリースとなる、スーパー・デラックス・エディションは、8枚のCDに収録される92曲のうち、63曲が未発表トラックで、そのうち45曲が1979年5月から、1987年7月までにレコーディングされたスタジオ曲となっている。

先週、プリンスを讃える新たな彫像がペイズリー・パークに設置されている。

プリンスの有名なラヴ・シンボルを形どった彫像は高さ3メートルを超え、横ほぼ2メートルの大きさで、プリンスのスタジオとして知られるペイズリー・パークに設置されている。

プリンスは女性と男性を表す占星術記号を組み合わせたラヴ・シンボルを1992年発表のアルバム『ラヴ・シンボル』で初登場させている。1993年にプリンスは自身のアーティスト名をこのシンボルに変更して、「かつてプリンスと知られていたアーティスト」と呼ばれていた。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ