GETTY

Photo: GETTY

ポール・マッカートニーはラスベガスでの連続公演というアイディアを断ったと語り、「ラスベガスは死にゆく場所だ」と述べている。

『GQ』誌でのロング・インタヴューでポール・マッカートニーはエルトン・ジョンにならってラスベガスで連続公演を行ったり、ブルース・スプリングスティーンのようにブロードウェイで行うことは考えないのかと訊かれている。

「全人生を通して避けようとしてきたことだね」とポール・マッカートニーはラスベガスでの連続公演について語っている。「まったくもってそのアイディアで魅了されるものがないね。ラスベガスは死にゆく場所だろ? 象の墓場だね」

ブロードウェイに関してもポール・マッカートニーは納得できないと述べている。「僕にそうしてもらいたい人はいるんだろうね。僕にはたくさんの物語があって、たくさんの曲があるとそういう人たちは言うんだろうけどさ。でも、僕を引き止めていることの一つはブルースが既にやってしまったってことなんだよ」

ブロードウェイのアイディアについては完全に否定することはなく、ポール・マッカートニーは「多くの観客でも小さなクラブでも気にしないけど、バンドと一緒に演奏するのが好きなんだ」と語っている。

「今はライヴの真ん中でソロの時間をもうけているんだけど、ライヴ全体をあんなふうにやるのは僕は好きじゃないと間違いなく言えるよ。ちょっとハードワーク過ぎるんじゃないかな」と彼は続けている。

このインタヴューでポール・マッカートニーはザ・ビートルズを訴えた時のことについて語り、ザ・ビートルズとその会社のアップルを守るためだったと述べている。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ