GETTY

Photo: GETTY

アノーニはボブ・ディランの“It’s All Over Now, Baby Blue”とニーナ・シモンの“Be My Husband”という2曲のカヴァー音源が公開されている。

音源はストリーミング・サービスで配信され、10月2日に7インチでリリースされる。これはアノーニにとって2019年のチャリティ・シングル“KARMA”以来のリリースとなっている。

“It’s All Over Now, Baby Blue”のカヴァーについてアノーニは次のように述べている。「数年前の午後にケヴィン・バーカーと“It’s All Over Now, Baby Blue”をレコーディングしたんだ。最近聴いて、今の苦しみや今後の苦しみに対する吐き気のようなノスタルジーを思い出したんだ」

アノーニは次のように続けている。「当時、ボブ・ディランの曲を数曲やったんだ。新型コロナウイルスで4月に亡くなったプロデューサーのハル・ウィルナーに促されてね」

「今の期間とイヤな政権がすぐに終わることを願っている。偏屈者で終末的資本家でキリスト教至上主義者の人物は腐った穴に這い戻ることになる」

「でも、アメリカのメディアやソーシャル・メディアが真実を語らなければ、どうやって実現できるというのだろう」

「ブラック・ライヴス・マターの動員とオキュパイ運動の復活を見て嬉しかったよ。ジョー・バイデンは『アメリカ人は革命を求めていない。慎みに戻りたいんだ』と言ったけど、彼は間違っている」

「僕らは内心でさらに文明化を続けていくためには大きな変化が必要だということを分かっているんだ」

先日、ブリング・ミー・ザ・ホライズンはアノーニの“Drone Bomb Me”をカヴァーしている。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ