GETTY

Photo: GETTY

ノー・ロームはブロックハンプトンのベアーフェイスを迎えたニュー・シングル“1:45AM”が公開されている。

“1:45AM”はノー・ロームにとって2020年の2曲目の楽曲となっていて、5月にビーバドゥービーとジェイ・ソムを迎えた“Hurry Home”をリリースしている。両方の楽曲ともザ・1975のジョージ・ダニエルとMJコールがノー・ロームと共に共同プロデュースにクレジットされている。

ノー・ロームとベアーフェイスのコラボレーションは今回で2度目で、2016年にリリースされたベアーフェイスのソロ・シングル“No One Like U”にノー・ロームは参加している。

本名をグウェンドリン・ローム・ヴィレイ・ゴメスというノー・ロームはツイッターで“1:45AM”のリリースを予告していた。“1:45AM”についてノー・ロームは「アルバムには入らない」としつつも「非常にスペシャル」な楽曲だと評していた。

ノー・ロームのまとまった作品は2019年発表のEP『グライング・イン・ザ・プリティエスト・プレイセズ』が最後となっており、デビュー・アルバムのリリースが待たれている。

ブロックハンプトンは2020年は他のアーティストとのコラボレーションを行っており、ジェイペグマフィアとのコラボレーションとなる“chain on / hold me”が5月にリリースされている。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ