GETTY

Photo: GETTY

シカゴのロラパルーザ・フェスティバルは2020年に開催される予定だった週末に大規模な生配信を行うことが明らかになっている。

現地時間7月30日から8月2日にかけてロラパルーザは150を超えるパフォーマンスを配信し、キュレーションされたスペシャル・イベントも開催される。

フェスティバルの創始者であるジェーンズ・アディクションのフロントマンであるペリー・ファレルはデヴィッド・ボウイへのトリビュート・パフォーマンスやポルノ・フォー・パイロスの再結成など3つのパフォーマンスを行う予定だという。ポルノ・フォー・パイロスのライヴは20年以上ぶりとなっている。

他にもペリー・ファレルのソロ・プロジェクトであるカインド・ヘヴン・オーケストラはフー・ファイターズのテイラー・ホーキンスを迎えてパフォーマンスを行う予定となっている。

他にも配信ではカリ・ウチス、H.E.R.、ヴィック・メンサによるオリジナル・パフォーマンスが行われるほか、ポール・マッカートニー、ザ・キュアー、アーケイド・ファイア、ロード、ヤー・ヤー・ヤーズ、タイラー・ザ・クリエイター、ラン・ザ・ジュエルズ、メタリカらの過去のライヴ映像が配信される。

また、メタリカのラーズ・ウルリッヒやパブリック・エナミーのチャックDらが登場し、ペリー・ファレルが司会を務めるパネル・ディスカッションも開催される。

ロラパルーザは6月の次点で新型コロナウイルスの感染拡大を受けて中止となることが発表されている。

「今年もグラント・パークでロラパルーザをお届けできればと思ってましたが、計画通りにはいかないことを理解しています」と声明では述べられている。

「ファンやアーティスト、パートナー、スタッフ、地元の健康と安全が常に最高の優先事項です。安心してください。30周年となるロラパルーザの華やかな舞台を2021年の夏にシカゴにお届けするべく、舞台裏で動くつもりです。みなさんと祝うことが待ちきれません」

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ