PA

Photo: PA

ピーター・フックが、自分自身の依存症や、自身のバンドであるピーター・フック & ザ・ライトがどれだけ息子ジャック・ベイツに強い影響を与えているかについて語っている。

アイルランド版『ミラー』紙へのインタヴューで、ピーター・フックは彼が以前在籍していたバンド、ニュー・オーダーについても言及している。

ビリー・コーガンのツアーに帯同した息子のジャック・ベイツについて、彼はこう答えている。

「彼は俺の本を読んでてね、俺がやってきたことについてわかっているんだ。まあ、道筋をつくっているようなもんだよね。俺がやったことは悪い例だけど、彼は逆の道を歩いているんだ。本当によくできた子なんだよ」

「あの当時、俺たちは本当に馬鹿だったし、ナイーヴだった。80年代や90年代にやったことは本当に馬鹿げていたよね。その当時のことを思い出して、人々が『もうそんなことやらない』と思えるのであれば、それだけで正しいことをしたと思えるよね」

ピーター・フックはニュー・オーダーに関して、1200ページの及ぶ本を書き終えたところだと語っている。

「この本に書かれていることは真実なんだ。バーニーも昔に本を書いてるけど、真実とは言い難いものだったからね。だから、今回は、そのことについて異なる観点から見直そうと思ったんだ」

「技術的な面についても掘り下げてるよ。俺たちがシンセサイザーやドラム・マシーンでやったことっていうのは、それらを一緒にして使用するっていうものだったんだけど、これはとても重要なことだと思ってるんだよね」

「この本は、なんかとても不思議で両極端なんだ。本当になにか技術的なことばかりだと思えば、その次はモトリー・クルーみたいだったりする。だけど、そういったバランスこそ人生には大切だと思わないかい?」

「もう大体は書き終わったよ。大体30万ワード、1200ページにおよんでいる。バーニーが以前書いた自伝は40ページしかなくて、ニュー・オーダーの物語を語る作品としてひどいものを世に出してしまったと思う」

「ニュー・オーダーとして活動するのに最もイライラしてたことは、同じ曲を繰り返し演奏してたことかな」

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ