GETTY

Photo: GETTY

ガンズ・アンド・ローゼズのギタリストであるスラッシュはバンドのキャリアでも最初期にアクセル・ローズの声を初めて聴いた時のことを振り返っている。

『ケラング!』誌のインタヴューでスラッシュはガンズ・アンド・ローゼズに加入する前にオリジナル・メンバーであるギタリストのイジー・ストラドリンからカセットテープでアクセル・ローズの声を聴かされたと語っている。

「初めて聴いたのはイジーが俺の家に持ってきたカセットテープだったんだ」と彼は語っている。

「音が流れたと思ったら、やり過ぎとも言えるあの高音のヴォーカルが来たんだ。俺の最初の印象はすごくソウルフルだということだね。ブルージーでもあったし、メロディックなものもあった。ああいうタイプの声って本当に珍しいわけでね。メロディーを自然と捉えている声を聴くことってそんなにないわけでさ。それで彼に会いに行ったんだ。イジーが一度ライヴをやるというからね」

「カセットテープと同じ人物を見ているのか分からなかったよ。彼らはステージではハードコアだったからね。イジーは膝で滑っていて、アクセルも激しかった。クールだったよ。『ムチャクチャ』って感じだけどさ」

初期のリハーサルについてスラッシュは次のように語っている。「俺たちが一緒にジャムを初めてやったのはハリウッドにあるリハーサル・スタジオだった。すごかったよ。それで一緒に活動し始めて、いくつかライヴをやって、常に予想のできないヤバい感じだった。『まあ、どうなるか見てみよう』ってね」

2016年にスラッシュとダフ・マッケイガンがバンドに復帰したガンズ・アンド・ローゼズだが、2020年の公演は新型コロナウイルスのパンデミックを受けて延期されている。

5月にガンズ・アンド・ローゼズは2019年10月に行った公演のダイジェスト・ライヴ映像が公開されている。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ