GETTY

Photo: GETTY

カイリー・ミノーグは来たるニュー・アルバム『ディスコ』からの最初のシングルとなる“Say Something”を公開している。

“Say Something”はカイリー・ミノーグと長年コラボレーションを行ってきたビフ・スタンナードがプロデュースを手掛けている。

“Say Something”の音源はこちらから。

2018年発表の『ゴールデン』が最新アルバムだったカイリー・ミノーグだが、5月に通算15作目となる新作が「自分の育ったディスコ」サウンドになると明かしていた。

カイリー・ミノーグは先日ソーシャル・メディアで“Say Something”をリリースすることを発表し、アルバム『ディスコ』は11月6日にリリースされることを発表している。

カイリー・ミノーグは新型コロナウイルスによるロックダウンの中で新曲に取り組んだことは健康によかったと先日語っていた。「今は健康、安全であろうとしている時だけど、このアルバムを作ることでクリエイティヴな捌け口があったことに感謝しているわ」

「みんながこういう時もクリエイティヴであったり、最前線の医療従事者を助けたり、ソーシャル・メディアで笑顔をくれたりするのを目にして嬉しかったわ。人々から注がれた人道はすごく美しかった」

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ