GETTY

Photo: GETTY

エディ・ヴァン・ヘイレンの息子のウォルフガング・ヴァン・ヘイレンはバンドの再結成はないとしたデイヴィッド・リー・ロスのコメントに疑問を投げかけ、再結成に望みを与えている。

デイヴィッド・リー・ロスが『ニューヨーク・タイムズ』紙のインタヴューでバンドが当分の間はライヴを行うことはないと発言したことを受けて、ベースを担当しているウォルフガング・ヴァン・ヘイレンはインスタグラムの投稿でコメントしている。

インタヴューでデイヴィッド・リー・ロスは次のように語っている。「エディがもう一度ツアーの厳しさに身を置くかどうかは分からないね。待っていたとも言いたくない。5年間支えてきたわけだけどさ。というのも、僕がやっていることはフィジカルによる音楽のスピリチュアルなものだからね。リングから5年間も離れることはできないわけでさ。でも、そうなってしまったから、2度目の公開はしたくないんだ」

「彼はバンドメイトで、同僚だけど、彼は今は休みをとっていて、彼がツアーに戻ってくるかどうかは分からないんだ。過去の名曲が聴きたいって? それは彼に言ってくれよ」

「デイヴィッド・リー・ロスはエディ・ヴァン・ヘイレンがまたツアーに出るかを疑問視している」という記事の見出しをウォルフガング・ヴァン・ヘイレンは投稿して、「決めるのは彼じゃないと思うよ」とコメントしており、今後のツアーについて望みを与えている。

先日、デイヴィッド・リー・ロスはエディ・ヴァン・ヘイレンについて「調子がよくないんだ」と語っていた。

デイヴィッド・リー・ロスはラスベガスでソロでの連続公演を行うことにした理由について語る中でエディ・ヴァン・ヘイレンの体調について触れている。

彼は『ラスベガス・レヴュー・ジャーナル』紙に次のように語っている。「エドは調子がよくないんだ。歌や踊りのスキルというのは生ものだからね。余裕がある時には日常的に使っていかなければならないんだ。たとえ、その目的がスリルを求めるものだったり、輝かしいスピリットを持った他の人との魔法のような創作でなかったとしてもね」

昨年11月、エディ・ヴァン・ヘイレンはガン治療に伴う副作用のために数日間入院していたことも報じられている。

エディ・ヴァン・ヘイレンの体調をめぐっては近年様々な噂が取り沙汰されており、ここ5年にわたってアメリカとドイツを行き来しながら咽頭ガンの放射線治療を受けていると報じられていた。

昨年10月、デイヴィッド・リー・ロスはバンドとしてツアーを行う可能性に言及して、「ヴァン・ヘイレンは終わった」と発言している。「それについては何度もキャンセルになってきたからね。俺としてはヴァン・ヘイレンは終わったと思っている。(自身のソロとしてのラスベガスでの定期公演こそが)次のフェーズだよ」

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ