GETTY

Photo: GETTY

プッシー・ライオットは約18分に及ぶドキュメンタリー映像が公開されている。

この映像は「アーティストDIY」と題された『ファクト』誌による企画の一環で公開されたもので、新型コロナウイルスの感染拡大の中でアーティスト自らが撮影した映像を使って、遠隔で完成されたものとなっている。

ドキュメンタリー映像はこちらから。

映像の中でナディア・トロコンニコワは新型コロナウイルスをはじめ、人種問題、ジョージ・フロイドの死、ブラック・ライヴス・マターについて語っている。

プッシー・ライオットは4月に2020年最初のシングルとなる“Such A Dick”を公開している。

“Such A Dick”はロサンゼルスを拠点に活動するサンティアゴ・パグノッタによるアイムコプロが参加しており、ドキュメンタリーにも出演している。

“Such A Dick”の音源はこちらから。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ