Callum Harrison/Press

Photo: Callum Harrison/Press

ビーバドゥービーはデビュー・アルバム『フェイク・イット・フラワーズ』をリリースすることを発表している。

今年2月にNMEレーダー賞を受賞しているダーティ・ヒット所属のビーバドゥービーは2019年10月にEP『スペース・カデット』をリリースしている。

先週、スタジオでの制作風景の動画を公開していたビーバドゥービーだが、デビュー・アルバムのリリース決定と共にファースト・シングルとなる“Care”が公開されている。

「この曲には高速道路をドライブしている90年代末期の映画の様なヴァイブが込められているの」とビーバドゥービーは“Care”について説明している。「社会や私の事を知らない人、私を気にも掛けていない人たちに対しての苛立ちとか。かわいそうなんて思って欲しい訳じゃ全然ない。ただ、私がどんな辛い思いをしてきたかを分かって欲しいの」

“Care”のミュージック・ビデオはこちらから。

「パンデミックの最中にアルバムからのファースト・シングルのミュージック・ビデオを撮影するなんて思いもしなかった!このビデオをディレクションしてくれた制作チーム、ベッドルームと一緒にロックダウンできて私はラッキーだった。このビデオは今までで最もパーソナルでリアルなものの一つになったし、みんなにシェアできてエキサイトしているわ」

先週公開された動画の中でデビュー・アルバム『フェイク・イット・フラワーズ』には「これまで書いてきた中でも最も気に入っている曲」が収録されるとしており、完成したアルバムをみんなに聴いてもらうのが「待ちきれない」と語っている。

デビュー・アルバムのリリース日については明らかになっていない。

ビーバドゥービーは2021年のプリマヴェーラ・サウンドに出演することが決定している。今年のプリマヴェーラ・サウンドは新型コロナウイルスの感染拡大で中止となったが、2021年は6月2日から6日に開催される予定となっている。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ