YouTube/Juice WRLD

Photo: YouTube/Juice WRLD

ジュース・ワールドはアニメーションで描かれた“Wishing Well”のミュージック・ビデオが公開されている。

“Wishing Well”は7月10日にリリースされた死後初となるアルバム『レジェンズ・ネヴァー・ダイ』に収録されている。

KDCヴィジョンズが監督を務めたミュージック・ビデオはジュース・ワールドがダンボールに詰めた自身の感情を願いを叶える井戸に投げ込むところから始まり、曲の中でジュース・ワールドは自身のドラッグ中毒について言及している。

彼は次のように歌っている。「ピルが無かったらここまで来れなかっただろう、でもこのままピルをやり続ければここにはいないだろう」

“Wishing Well”のミュージック・ビデオはこちらから。

ジュース・ワールドについては先日、マシュメロとのコラボレーションとなる“Come And Go”のミュージック・ビデオも公開されている。

ジュース・ワールドのアルバム『レジェンズ・ネヴァー・ダイ』は全世界のスポティファイで1日の再生回数が7460万回を突破して2020年の最高記録を更新しており、これはドレイクの『スコーピオン』、ポスト・マローンの『ビアボングズ&ベントレーズ』に次いで、歴代3位の実績となっている。

アルバムのストリーミングはこちらから。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ