GETTY

Photo: GETTY

ザ・ビートルズの最も象徴的な写真の一つを撮影してきたことで知られるフォトグラファーのフィオナ・アダムスが亡くなった。享年84歳だった。

フィオナ・アダムスはザ・ビートルズにとって最もよく使われたフォトグラファーの1人で、ロンドンのユーストン・ロードにあるレンガの壁からファブ・フォーが飛び降りる写真で最もよく知られている。

この写真はバンドにとってUKで初のEPとなった1963年リリースの『ツイスト・アンド・シャウト』のジャケットに採用されている。

『ザ・ガーディアン』紙はこの撮影について当時、ロンドンに残っていた焼け跡で『ボーイフレンド』誌のための撮影が行われ、フィオナ・アダムスはザ・ビートルズにできるだけ高く跳ぶように指示したと振り返っている。

「それが安全かどうかも考えなかったわ」と彼女はかつて友人のリン・アシュトンに語っている。

「重いカメラ・ケースをもって爆弾でできた穴を下っていったわ。大量の落ちた瓦礫や残骸が底にはあった。彼らは我慢しながらその上に立っていた。空と建物をバックに美しいシルエットを絵が言えていたわ。私はカメラを構えて叫んだの。『ワン、トゥー、スリー、ジャンプ』ってね。そうしたら、彼らがジャンプしたの。2回やったわ。キューバンヒールの靴だった」

フィオナ・アダムスは1952年にイーリング・アート・カレッジを卒業して、ジミ・ヘンドリックスやボブ・ディランといった60年代を象徴する他の人物も撮影している。

2009年にナショナル・ポートレイト・ギャラリーで彼女の60年代の作品を展示した写真展「ビートルズ・トゥ・ボウイ:ザ・60ズ・エクスポーズド」が開催されており、「60年代のあまり知られていない英雄は今は引退してチャンネル諸島に暮らしています」

5月にはザ・ビートルズの写真家として知られるアストリッド・キルヒヘルも亡くなっている。

アストリッド・キルヒヘルはザ・ビートルズが無名の5人組だった頃に地元ハンブルクで最初の写真を撮影したことで知られている。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ