GETTY

Photo: GETTY

レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンのギタリストであるトム・モレロはブラック・ライヴス・マターに影響を受けたプロテスト・ソング“Stand Up”のミュージック・ビデオが公開されている。

イマジン・ドラゴンズのダン・レイノルズとのコラボレーションとなる“Stand Up”はシンガーのシーア・ダイアモンドとプロデューサーのザ・ブラッディ・ビートルーツが参加している。

“Stand Up”のミュージック・ビデオはこちらから。

トム・モレロは自分の街でブラック・ライヴス・マターのデモが行われたのを見たことに影響を受けたと説明している。

「イリノイ州リバティヴィルの白人至上主義の保守的な街で育ったんだけど、子供の頃、自宅のガレージにロープの首輪がかけられていたり、度々Nワードで呼ばれるなんてことがあったんだ。でも、今年の6月6日には同じ街でブラック・ライヴス・マターのマーチが行われ、1000人が参加したんだ」

「彼らは変わったんだ。その夜にすごく刺激を受けてね。イマジン・ドラゴンズのダン・レイノルズに連絡をとって、ブラッディ・ビートルーツと僕で激しい曲を作り出したら、24時間以内にダン・レイノルズが完成形のヴォーカルを送り返してくれたんだ。黒人のトランスジェンダーで長年の活動家であるシーア・ダイアモンドにも参加してもらって、連携が完成したんだ」

ダン・レイノルズは次のように続けている。「トム・モレロがシーア・ダイアモンドとブラッディ・ビートルーツと一緒にやろうと連絡をくれた時に、すぐに自分の部屋に行ってその日にコーラスとヴァースをかいて歌ったんだ。この国には修理が必要なんだ。この曲があらゆる陣営や人種の人々が修理に向かってくれると思ってるよ」

“Stand Up”の収益は100%、4つの団体、NAACP、ノウ・ユア・ライツ・キャンプ、サザン・パヴァーティ・ロー・センター、マーシャ・P・ジョンソン・インスティテュートに寄付される。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ