GETTY

Photo: GETTY

ドミニク・ファイクはデビュー・アルバムの詳細を発表して、新曲“Politics & Violence”を公開している。

フロリダ州出身のドミニク・ファイクはアルバム『ホワット・クドゥ・ポッシブリー・ゴー・ロング』を7月31日にリリースすることが決定している。アルバムには先日リリースされた“Chicken Tenders”や“Politics & Violence”が収録される。

先月、ドミニク・ファイクはジョージ・フロイドの死を受けてエッセイを発表しており、その中で彼と彼の家族が経験した警察との嫌な出来事について言及していた。

「幼い少年の頃から僕の人生は呪われているように感じていた。警察のような善良そうな人々が母親を殴り、連行していくのを見てきた」とアフリカン・アメリカンとフィリピン人の血を継ぐドミニク・ファイクは述べている。

「兄弟が連行したこともある。叔母も叔父も。くそ、父親なんか20回だ。うちの家族となにか問題があるかのようだった。それで分かったんだ。本当の呪いは俺たちの暮らすこのシステムが俺たちが何度も負け続けるようにデザインされていることだってね」

新曲“Politics & Violence”のミュージック・ビデオはこちらから。

デビュー・アルバム『ホワット・クドゥ・ポッシブリー・ゴー・ロング』のトラックリストは以下の通り。

1. Come Here
2. Double Negative (Skeleton Milkshake)
3. Cancel Me
4. 10x Stronger
5. Good Game
6. Why
7. Chicken Tenders
8. What’s For Dinner?
9. Vampire
10. Superstar Sh*t
11. Politics & Violence
12. Joe Blazey
13. Wurli
14. Florida

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ