Jordan Hughes

Photo: Jordan Hughes

ザ・1975はロボットが自らの意識を描こうとする“Yeah I Know”の新たな映像が公開されている。

ザ・1975はベン・ディットーと共に15人のアーティストが最新作の曲にちなんだ動画を発表するオンラインの展覧会をキュレーションしている。今回は7番の作品となるアイーダによる映像が公開されている。

アイーダは自身の目と腕を使って絵を描くことのできる世界初のAI内蔵ロボットで、このビデオでは自身の意識を描いてみるというタスクが課せられている。

YouTubeの概要欄には次のように記されている。「AIの言語モデルを使ってマット・ヒーリーの歌詞に呼応した詩を書いています。彼が一節を歌うと、それに彼女が反応した言葉が明るいターコイズ色で表示されます」

公開された動画はこちらから。

“Yeah I Know”はザ・1975の最新作『仮定形に関する注釈』に収録されている楽曲で、“Don’t Worry”に続いて映像が公開されている。

一方、ザ・1975は今週末の7月11日にロンドンのフィンズベリー・パークで大規模な公演を行う予定だったが、この公演は来年の7月10日に延期されている。

元々の公演ではチャーリーXCX、クレイロ、フィービー・ブリジャーズ、ペール・ウェーヴス、ビーバドゥービーが出演予定だったが、来年の公演にも出演するかはまだ明らかにされていない。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ