GETTY

Photo: GETTY

クイーンのドラマーであるロジャー・テイラーは映画『ボヘミアン・ラプソディ』の続編の可能性について再び触れ、おそらく実現しないだろうと語っている。

クイーンのキャリアを描いた映画『ボヘミアン・ラプソディ』は2018年11月に公開されて、史上最高の興行収入を上げた音楽伝記映画となっており、全世界で10億ドルを突破している。

フレディ・マーキュリーを演じたラミ・マレックはアカデミー賞で主演男優賞も受賞している。

米『ローリング・ストーン』誌に続編の可能性を訊かれたロジャー・テイラーは次のように語っている。「ないと言わなければならないね。1〜2年待って、物の成り行きを見て、それが信頼できるものかどう見る必要があると思っているんだ」

「映画はすごいヒットになって、もちろん、僕らも喜んでいるよ。だけど、もう一度現金化しようとしていると見られたくないんだ。それをやるためには、ものすごくいい脚本とシナリオが必要になるね。今のところは続編をやるなんて考えられないよ」

彼は次のように続けている。「誰かが天才的なプランを思いついたら考えるんだろうけどね。今はあの映画で起きたことに満足しているよ。オリジナルにまったく追いついていない続編ってたくさんあるしね。そうじゃない作品もあるけど、全体的には危険な領域と考えているよ」

映画の成功について彼は次のように続けている。「桁外れだったよ。ゴールデン・グローブ賞も英国アカデミー賞もアカデミー賞も獲ったしね。『よし、僕らが取れるはずだ』と思っていたしね」

「素晴らしい展開だったけど、僕らの世界ではないからね。僕らの世界はロックンロールの世界だよ。関わるのは魅力的だし、面白かったけどね。4つもアカデミー賞を獲った時は理解するのに時間がかかったよ。でもね、ブライアン・メイと僕は何ももらってないけどね。それは問題ないけどさ」

続編の可能性については2019年にクイーンのミュージック・ビデオを手掛けてきたルディ・ドレザルは語っていた。

それによれば、ライヴ・エイドから1991年11月のフレディ・マーキュリーの死までを描いたものになるという。

ブライアン・メイは今年5月に映画『ボヘミアン・ラプソディ』の続編について「別のことを考えてみるべきだと思うんだよね。他にもアイディアはあるんだけど、続編が実現するとは思えないよね」と語っている。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ