GETTY

Photo: GETTY

ジャーヴィス・コッカーは1996年のブリット・アウォーズのマイケル・ジャクソンによるパフォーマンス中に乱入騒ぎを起こした後にデヴィッド・ボウイに救われたと語っている。

式典の最中、ジャーヴィス・コッカーは「癒やしの力で自らをキリストかのように見なす」マイケル・ジャクソンへの抗議として招かれてもいないのにステージに登場している。

『ニューヨーク・タイムズ』紙の新たなインタヴューでこの事件について語ったジャーヴィス・コッカーは「この事件の影響で自分の人生は変わってしまった」と述べており、図らずもデヴィッド・ボウイが救いの手を差し伸べたことを明かしている。

「UKでは突然認知されるようになって、出歩けなくなってしまったんだ」と彼は語っている。「存在すら知らなかったセレブリティのレベルに自分を置くことになったんだ。そして、その準備などできていなかった。自分の精神状態には概して悪いほうの大きな影響があったよね」

ジャーヴィス・コッカーは「デヴィッド・ボウイに助けられたんだ」と説明している。「子供に当たってステージから落としたと言われてね。それで、容疑がかけられていたんだよ。唯一公開されている映像は監視カメラみたいな映像だけど、何が起こったかはよく見えないんだよね」

「あの年、デヴィッド・ボウイは功労賞を受賞したんだけど、彼は自分のカメラ・クルーを連れてきていたんだ。2〜3日後にその人たちが映像を公開してくれて、容疑はすぐに晴れたんだ。他にもたくさんのことがあるけど、デヴィッド・ボウイには感謝しているよ。すごいことだよね」

ジャーヴィス・コッカーは新プロジェクトであるJARV IS…のデビュー・アルバム『ビヨンド・ザ・ペイル』を7月17日にラフ・トレード・レコーズよりリリースする予定となっている。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ