GETTY

Photo: GETTY

レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンのザック・デ・ラ・ロッチャが以前のハードコア・バンド、ハード・スタンスでギターを弾いていた映像が公開されている。

映像は1990年3月にハリウッド・ライヴで撮影されたもので、熱狂的なエネルギーの中でステージ・ダイヴが起きるものとなっている。

映像はこちらから。

「この映像はハワース家によって修復されたもので、デジタル化、修復、オンラインでの保存のためにhate5six.comに提供されたものです」と動画の最初では告知されている。

「オリジナルの撮影者が誰かは現在のところ分かっていません。名乗り出る人がいたら概要欄で明らかにします」

ハード・スタンスは1987年に結成され、ザック・デ・ラ・ロッチャがギターで、エリック・アンストがヴォーカルだった。エリック・アンストがバンドを脱退した時にザック・デ・ラ・ロッチャはヴォーカリストとなり、インサイド・アウトを結成している。

1991年にザック・デ・ラ・ロッチャはトム・モレロ、ティム・コマーフォード、ブラッド・ウィルクと共にレイジ・アゲインスト・ザ・マシーンを結成している。バンド名はインサイド・アウトがレコーディングしようとしていたアルバム名からとられている。

レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンは今年、再び再結成をしてコーチェラ・フェスティバルのヘッドライナーを含む北米ツアーを行う予定だったが、新型コロナウイルスのパンデミックで2021年に延期している。

レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンの再結成を受けて、レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンやパブリック・エナミー、サイプレス・ヒルのメンバーで構成されたプロフェッツ・オブ・レイジは解散している。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ