GETTY

Photo: GETTY

ガンズ・アンド・ローゼズのギタリストであるスラッシュは新型コロナウイルスによるロックダウンの中で新曲に取り組んでいたことを明かしている。

スウィートウォーターによるインタヴューの中でスラッシュはロックダウンの最中に完成させた曲はあるかと尋ねられている。「ずっと家にいたんだけど、家の中にあるスタジオとの間を行ったり来たりして、たくさんの曲を書いたし、自分のレコーディングもやったんだ」

「ダフ(・マッケイガン)ともジャムをしたし、アクセル(・ローズ)ともジャムをして、曲を作ってたんだ。そうやって完成したものもあるよ。でも、他のことはしなかったね」

「変わったアーティストとコラボレーションをしたりとかはなかった。基本的にガンズ・アンド・ローゼズのための曲を書いたり、デモをレコーディングしたり、ギターをレコーディングしたりすることに集中していたんだ」

昨年9月、スラッシュはバンドとしてフル・アルバムをリリースする可能性に言及している。

「最終的には、みんなフル・アルバムを出したいと思っていると思う。その部分はあまり変わっていないと思うんだ。ただ、そもそも何かをリリースする時の手法が昔とは異なるようなものになっているような気がしていてね……ようするに、シングルというものは昔からあったけど、(アルバムに)先駆けてリリースされるような曲に対する見方が変わってしまったと思うんだ。あらゆることを考えると、今は(開拓時代の)西部のような状況なんだと思う。何事に対しても、方程式というものが存在しないんだ」

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ