PRESS

Photo: PRESS

マニック・ストリート・プリーチャーズのジェームス・ディーン・ブラッドフィールドはセカンド・ソロ・アルバムをリリースすることを発表している。

2006年発表の『ザ・グレート・ウエスタン』に続くソロ・アルバムとなる『イーヴン・イズ・イグザイル』は8月14日にリリースされる。歌詞はニッキー・ワイアーの兄で、ウェールズの著名な詩人・脚本家のパトリック・ジョーンズが手掛けている。アルバムはチリ人ミュージシャンで教師にして政治活動家だったヴィクトル・ハラの人生と死に影響を受けている。ジェームス・ディーン・ブラッドフィールドは10代の頃からパトリック・ジョーンズとヴィクトル・ハラが好きだったという。

「パトリック・ジョーンズの家族が自分の人生に与えた影響は途轍もないよ」とジェームス・ディーン・ブラッドフィールドは『NME』に語っている。「このアルバムを書いている時、日曜の夜に父親に会いに行って、1時間誰とも話さないようなことを話すというルーティーンがあったんだ。そして、パトリック・ジョーンズについてはヴァリーまで車で会いに行って、彼が読んだものや考えていることを教えてもらって、何冊か本を紹介してもらうんだ。これは16歳の時からやっているんだ」

ジェームス・ディーン・ブラッドフィールドは次のように続けている。「パトリック・ジョーンズもニッキー・ワイアーも父親と母親を病気で失って大変な時期だったんだ。それを乗り越えようとパトリック・ジョーンズは普段以上に書いていた。パトリック・ジョーンズやニッキー・ワイアー、リッチー・エドワーズといった人たちは書くのが好きで、出版されたものなんて求めていないんだ。パトリックは試練を乗り越えようとしていたんだと思う。それで、僕もそれでなにかやりたいと思ったんだ」

アルバムからは先週“There’ll Come A War”と“Seeking The Room With The Three Windows”の2曲が公開されており、今回“The Boy From The Plantation”が公開されている。

それぞれの音源はこちらから。

アルバムのトラックリストは以下の通り。

1. ‘Recuerda’
2. ‘The Boy From The Plantation’
3. ‘There’ll Come A War’
4. ‘Seeking The Room With The Three Windows’
5. ‘Thirty Thousand Milk Bottles’
6. ‘Under The Mimosa Tree’
7. ‘From The Hands Of Violeta’
8. ‘Without Knowing The End (Joan’s Song)’
9. ‘La Partida’
10. ‘The Last Song’
11. ‘Santiago Surprise’

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ