PRESS

Photo: PRESS

ボーイジーニアスは3曲の未発表デモ音源が公開されている。

これはバンドキャンプが収益を放棄するのに際して公開されたもので、ミュージシャンはすべての収益を受け取るか、収益をチャリティ団体に寄付することを選択できる。

ルーシー・ダカス、ジュリアン・ベイカー、フィービー・ブリジャーズからなるボーイジーニアスは2018年発表のEP『ボーイジーニアス』に収録された3曲の初期デモ音源をリリースしている。

“Bite The Hand”、“Me & My Dog”、“Stay Down”の3曲のデモは24時間限定での公開となっていて、収益は3つのチャリティ団体に寄付される。ジュリアン・ベイカーはLGBTQのための団体、アウトメンフィスを選んでおり、フィービー・ブリジャーズは女性支援団体のダウンタウン・ウィメンズ・センターを、ルーシー・ダカスは新型コロナウイルス対策のミューチュアル・エイド・ディザスター・リリーフ・リッチモンドを選択している。

音源はこちらから。

フィービー・ブリジャーズは先月セカンド・アルバム『パニッシャー』をリリースしている。

フィービー・ブリジャーズは新作について次のように語っている。「家を締め出されたことについての曲もあるし、黙示録についての曲もあるし、死についての曲も今なおたくさんある。私は基本的に何度も何度も同じことについての曲を書き、そして違ったサウンドにするために、プロデューサーやバンドメイトに見てもらうという感じなの」

アルバムのストリーミングはこちらから。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ