GETTY

Photo: GETTY

ニール・ヤングはファイアサイド・セッションズの第6回目でボブ・ディランのカヴァーを披露している。

いつもの暖炉の横ではなくポーチで演奏したニール・ヤングは自身のキャリアからプロテスト・ソングを披露したほか、ボブ・ディランの“The Times They Are A-Changin”のカヴァーを演奏している。

ニール・ヤングは『ハーヴェスト』に収録の“Alabama”のほか、クロスビー・スティルス・ナッシュ&ヤングの“Ohio”、レア曲“Campaigner”、“Southern Man”を披露している。

ニール・ヤングは続けてボブ・ディランの“The Times They Are A-Changin”のカヴァーを演奏した後、“Lookin’ For A Leader”を演奏しており、ブラック・ライヴス・マターに対するドナルド・トランプ大統領の対応を批判している。

「Yeah, we had Barack Obama, and we really need him now(僕らにはバラク・オバマがいる。今こそ彼が必要だ)」と彼は歌っている。「The man who stood behind him has to take his place somehow/ America has a leader building walls around our house/ Who don’t know Black lives matter, and it’s time to vote him out(彼を支持する人がその座に就かなければならない。アメリカは家の周りに壁を築くリーダーがいる。ブラック・ライヴス・マターを知らないね。彼を投票で追い出す時だ)」

パフォーマンス映像はこちらから。

https://neilyoungarchives.com/movie-night

先日、ニール・ヤングはブラック・ライヴス・マターを支持する文章を公開して、ドナルド・トランプ大統領を批判している。

「大統領は政治的な理由によって煽り、僕らを敵対させたという点で現在感じている不安の多くについて責任があるけれど、自分たちの信じているものに拠って立っていることは有り難いとも思うし、これによって僕らはよりよき国になれると思うんだ」

ファイアサイド・セッションズを始める際にニール・ヤングは次のように述べている。「僕らはみんな自宅にいて、出かけられないから、妻が撮影する形で暖炉からのストリーミングをやろうと思っているんだ。くつろいだプロダクションで、数曲を演奏して、短い時間を共にしようと思うんだ」

ニール・ヤングは先日、1970年代中盤にレコーディングされた幻のアルバム『ホームグロウン』をリリースしている。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ