Harry

Photo: Harry

タイ・ダラー・サインはカニエ・ウェスト、FKAツイッグス、スクリレックス、サーペントウィズフィートといった豪華アーティストが参加したシングル“Ego Death”を公開している。

ここ数日にわたってタイ・ダラー・サインはソーシャル・メディアで楽曲のリリースを予告して、各アーティストをアニメ化したイラストを公開していた。

「“Ego Death”は特別な曲なんだ」とタイ・ダラー・サインは語っている。「仲間のカニエと仕事をできるのはいつだって光栄だよ。彼は天才で、俺たちが組んだ時は素晴らしい曲を作れるんだ。スクリレックスとFKAツイッグスがそこに参加して、彼らにしかできない魔法で祝福してくれた。一度、ハウスパーティーでかけたんだけど、みんながクレイジーになったよ。その映像がリークされたけど、それもよかった」

“Ego Death”の音源はこちらから。

「出すのにふさわしい時を見つけなきゃならなかったんだ。だから、やっとその時が来て嬉しいよ。ニュー・アルバムは完成していて、すぐに出るよ。完璧なものにしている間、待ってくれていたファンに感謝を。待った価値のあるものだよ。これまでで最高の作品だね。みんなに聴いてもらうのが待ちきれないよ」

カニエ・ウェストは来たるニュー・アルバム『ゴッズ・カントリー』より最初の楽曲となるトラヴィス・スコット参加の“Wash Us In The Blood”を今週リリースしている。

タイ・ダラー・サインの最新作は2017年発表の『ビーチ・ハウス3』で、翌年にはデラックス・エディションがリリースされている。以降、タイ・ダラー・サインはJ. コール、リッキ・リー、ジェイムス・アーサーらとコラボレーションを行っている。

タイ・ダラー・サインはサンダーキャットの最新作でも“It Is What It Is”でマック・ミラーに追悼の意を表している。

5月にはジェイコブ・コリアーとマヘリアとのコラボレーションとなった“All I Need”が公開されている。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ