PRESS

Photo: PRESS

アリシア・キーズは最新シングル“Perfect Way To Die”のミュージック・ビデオが公開されている。

“Perfect Way to Die”は今年のリリースが予定されている通算7作目となるニュー・アルバム『アリシア』に収録される。

“Perfect Way To Die”のミュージック・ビデオはこちらから。

ミュージック・ビデオは2020年のBETアウォーズでのパフォーマンスを収録したもので、警察官によって殺害された黒人の被害者が描かれた壁画の下でパフォーマンスを行い、最後には多くの犠牲者の名前が道路に描かれる演出となっている。

この曲についてアリシア・キーズは次のように語っている。「完璧な死に方なんて、もちろん存在しません。意味のわからないフレーズだからこそ、このタイトルは力強く悲痛なものです。なぜなら、あまりにも多くの人々が不当な状況で亡くなっているから。この曲は、黒人の命が価値のないものだとされる、人種差別の制度のせいで、自分の子供が殺されてしまった、母親の観点から書いた曲です。警察による暴力という文化のせいで、この罪なき人々の命が奪われるべきではなかったことは、誰しもがわかっていることです」

ニュー・アルバム『アリシア』には昨年9月にリリースされたミゲル参加の“Show Me Love”、11月にリリースされた“Time Machine”も収録される予定となっている。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ