Oliver Halfin / Press

Photo: Oliver Halfin / Press

スプーンは『スレイ・オン・キュー』と題したシリーズでバック・カタログを再発することを発表している。

バンドの過去作はアナログ盤とCDで再発されることが決定している。

『スレイ・オン・キュー』では最初に1996年発表の『テレフォノ』と『ソフト・エフェクツ』EPが再発されて、1998年発表の『ア・シリーズ・オブ・スニーク』、2001年発表の『ガールズ・キャン・テル』、2002年発表の『キル・ザ・ムーンライト』、2005年発表の『ギミ・フィクション』、2007年発表の『ガ・ガ・ガ・ガ・ガ』、2010年発表の『トランスファレンス』が続く予定となっている。

『テレフォノ』と『ソフト・エフェクツ』EPは7月24日にリリースされる。これに続く3枚のアルバムが8月14日に再発され、『ギミ・フィクション』、『ガ・ガ・ガ・ガ・ガ』、『トランスファレンス』は9月11日にリリースされる。

リリースの発表と共に“Small Stakes”のレストアされたミュージック・ビデオが公開されている。友人のピーター・サイモンが撮影したミュージック・ビデオについてブリット・ダニエルは「2002年に『キル・ザ・ムーンライト』をレコーディングしていたスタジオの様子を垣間見れる」と述べている。

スプーンはファンによる選曲のコンピレーション『オール・ザ・ウィアード・キッズ・アップ・フロント(Mas Rolas Chidas)』が北米で8月29日のレコード・ストア・デイがリリースされることも決定している。

昨年、スプーンは『ハワード・スターン・ショウ』にゲスト出演した際にジョン・レノンの“Isolation”のカヴァーを披露している。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ