YouTube

Photo: YouTube

ザ・リバティーンズは人形劇『スキント・アンド・ミンテッド』を始動させ、第1話が公開されている。

人形劇はピート・ドハーティとカール・バラ―がバンドを結成して、ラフ・トレードと初のレコード契約をすることを語るものとなっている。

5分の第1話は笑い声とバンド・メンバーによるナレーションで始まり、ドラマーのゲイリー・パウエルは自らを「ザ・リバティーンズの重要人物」と称している。

カール・バラ―が人形劇を止めると言うと、ゲイリー・パウエルは「やめるというのはザ・リバティーンズの最も好きな遊びなんだ」と述べ、「幸いなことに次に好きな遊びは再結成なんだ」と述べている。

番組は「ソーセージ」に目がないことを語りながら、カール・バラ―とピート・ドハーティが二日酔いと共にアルビオン・ルームでバンドを結成して、“Can’t Stand Me Now”を書くという筋立てとなっている。「バンド名は……ベイビーシャンブルズ」とピート・ドハーティは語っている。

2人はその後、ラフ・トレードから電話をもらって「10億ポンドのレコード契約」を提案されている。

「これはパーフェクトだね」とカール・バラ―は語っている。「ゲイリーとジョンと共にバンドをやるんだ。ずっと友人であって、口喧嘩や解散もなく、お互いのものを盗むこともないんだ」

ザ・リバティーンズは新型コロナウイルスによるロックダウンを受けて、様々な映像を公開していくことを発表していた。

先日はラフ・トレードに発見されて2001年末に契約する前の1999年にロンドンで行われたライヴ映像が公開されている。映像では2004年発表のセカンド・アルバム『リバティーンズ革命』に収録される“Music When The Lights Go Out”が演奏されている。

ライヴ映像はこちらから。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ