GETTY

Photo: GETTY

ジェイムス・ブレイクはニルヴァーナの“Come As You Are”をカヴァーした映像が公開されている。

ジェイムス・ブレイクはザ・ラヴランド・ファウンデーションに寄付を募るピアノによる即興コンサートで“Come As You Are”をカヴァーしている。ザ・ラヴランド・ファウンデーションは黒人の女性がセラピーを受けられるようにする団体で、長期研修制度や奨学金も提供している。

カヴァーの映像を公開したジェイムス・ブレイクは次のように述べている。「ニルヴァーナの“Come As You Are”のソフト・カヴァーをリクエストしてくれた@gorditogabrielitoに捧げるよ」

ジェイムス・ブレイクは他にもスティーヴィー・ワンダーの“Never Dreamed You’d Leave In Summer”やレディオヘッドの“No Surprises”、ビリー・アイリッシュの“When The Party’s Over”、フランク・オーシャンの“Godspeed”をカヴァーしている。ジェイムス・ブレイクは2011年発表のEP『イナフ・サンダー』に収録されているジョニ・ミッチェルの“A Case Of You”のカヴァーをテレビでも披露している。

4月にジェイムス・ブレイクは2019年発表の『アシューム・フォーム』以来となる新曲“You’re Too Precious”をリリースしている。

“You’re Too Precious”の音源はこちらから。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ