GETTY

Photo: GETTY

エミネムはリークされたヴァースでディディによる「リヴォルトTV」を批判したことを謝罪している。

エミネムは今週コンウェイ・ザ・マシーンとのコラボレーション曲“Bang”のオリジナル・バージョンがリークされており、その中でリヴォルトTVのことを批判していた。

「Yeah, shout to Puffy Combs, but fuck Revolt(ああ、ディディは最高だが、リヴォルトはくそだ)」と彼はラップしている。「Y’all are like a fucked up remote/Now I get it why our button’s broke(お前ら、めちゃくちゃな中継という感じだった/なんで俺たちのボタンが壊れていたのか分かったよ)」

このヴァースについてリヴォルトは「エミネム、お前もクソだ」とインスタグラムに投稿しており、米『ビルボード』誌に声明を発表している。

この投稿をInstagramで見る

Now back to our movement. ✊🏿

REVOLT TV(@revolttv)がシェアした投稿 –

「リヴォルトは黒人によるメディア企業で、黒人の企業家が所有し、大半は黒人のチームです。これは偽りのない事実です」と声明では述べられている。「リヴォルトは全プラットフォームを通して私たちのプラットフォームを社会正義や平等といった重要な問題に使う差し迫った必要があり、メディアを確実に続けていこうとしており、重要な課題に取り組んでいるのです。私たちに触れようとしたエミネムですが、不必要な気晴らしです。これは見過ごせません」

エミネムはこれを受けて謝罪しており、自身の批判を「不必要な気晴らし」だったと述べて、次のように続けている。「このヴァースが聴かれることになるとは思ってなかったんだ。あの時は熱が入ってしまったけど、よく考えて出さないことにしたんだ。ウィトランスファーで大量流出したことで、自分がリリースしようと思ってなかった音源がリークされ続けているんだ」

「リヴォルトには何も問題を抱えていないよ……なにかポジティヴなことで一緒に仕事をして、これを違う方向に変えられる機会があるのであれば歓迎するよ」

先日、エミネムは通算7作目となるアルバム『リカヴァリー』がリリースから10周年を迎えたことをソーシャル・メディアで祝福している。また、5月にエミネムは『マーシャル・マザーズLP』のリリースから20周年を記念したオンライン・リスニング・パーティーを開催している。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ