GETTY

Photo: GETTY

メタリカは2時間を超える2008年にスペインのマドリッドで行われた公演の映像が公開されている。

メタリカは「メタリカ・マンデー」と題して毎週ライヴ映像を配信することを明らかにしており、今回のライヴ映像は2008年5月31日に収録されたものとなっている。

ライヴ映像はこちらから。

先日、メタリカのドラマーであるラーズ・ウルリッヒはなおも外出制限が続くのであれば新作を制作することを考えたいと語っている。

セールスフォースのCEOであるマーク・ベニオフとの対話でラーズ・ウルリッヒは次のように述べている。「俺たちがレコーディングで使うソフトウェアを作っている人が、今、ラーズとジェイムズとカークとロブが別々の州で別々の場所からメタリカのアルバムを作れるように取り組んでいてくれているんだ。それは間違いなく嬉しいことだよね」

実際にアルバムを作るかどうかについて彼は次のように続けている。「それは自宅にとどまるのがどれだけの長さになるのかによるよね。あとは、ウイルスの第2派が来るかどうかにも関係してくる。これから6ヶ月、世界がどうなるかなんて誰も分からないわけでね」

「でも、明らかにクリエイティヴな人に言えるのは、よきにせよ悪きにせよ、長い間じっとしていられないわけでね。言えるのは、毎週メタリカでZoomのセッションをやっているんだけど、どうやってバンドを再開させようか話をしているということだよ」

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ