Official Charts Company

Photo: Official Charts Company

リアム・ギャラガーはかつてある俳優と喧嘩になりそうになった逸話を明かしている。

リアム・ギャラガーはデビュー前の1992年にグラナダ・テレビジョンのために“Take Me”を演奏した時のことを『ザ・サン』紙に振り返っている。

「俺たちはグラナダ・テレビジョンのスタジオで“Take Me”を演奏したんだ」とリアム・ギャラガーは語っている。「やった後、俺たちは素晴らしかったと思ったから、飲みに行こうと思ったんだ」

「そうしたら、『コロネーション・ストリート』に出演していたスティーヴ・マクドナルドがいて、俺がジャケットを着て通りを歩いていたら、あいつが出てきて、俺を見てきたんだ。俺もあいつを見たら見返してきてね。だから、『何を見ているんだ?』と言ったんだ」

「したら、あいつが窓を空けて、俺に中指を立ててきてね。俺が通りを追っかけていったら、あいつは窓を閉めて、車で走り去っていったよ。信じられるかい?」

リアム・ギャラガーは6月12日にリリースされた『MTVアンプラグド』が全英アルバム・チャートで1位になっている。

『MTVアンプラグド』で全英アルバム・チャートの1位を獲得したのはニルヴァーナ以来となっている。

『MTVアンプラグド』は昨年の夏にハル・シティ・ホールで行われた公演を収録したもので、オアシスの『ディフィニトリー・メイビー』のボーナストラックだった“Sad Song”をリアム・ギャラガーが初めて歌った音源も収録されている。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ