GETTY

Photo: GETTY

カート・コバーンが『MTVアンプラグド』で使っていたギターが600万ドル(約6億4000万円)で落札されて、最も高額なギターの記録を更新している。

1959年マーティンD-18Eは1993年の『MTVアンプラグド』で使用され、6月19日・20日に開催されたジュリアンズ・オークションで100万ドルから200万ドルの値をつけると予想されていた。既にオークションが開始される前から100万ドルを突破しており、ロード・マイクロフォンズの創業者であるピーター・フリードマンが601万ドルで落札している。

これまでで最も高値をつけたギターは2019年にオークションで落札されたピンク・フロイドのデヴィッド・ギルモアが所有していた黒のストラトキャスターで、395万ドルとなっていた。

5月にオークションげの出品が発表された時、ジュリアンズ・オークションのCEOであるダレン・オークションは次のようにコメントしている。「この重要なギターは、ロックにおいて最も影響力を持つミュージシャンによって史上最も記憶に残る偉大なパフォーマンスの一つで演奏された楽器として、ロックンロールの歴史において適切な地位を獲得してきました」

ギターはカート・コバーンが保存していたオリジナルのハードケースに入っており、ポイズン・アイディアの1990年発表のアルバム『フィール・ザ・ダークネス』のフライヤーが描かれている。ギターケースには半分使ったギターの弦とピック、スウェードのスタッシュ・バッグが入っている。

他にもニルヴァーナ関連としてはカート・コバーンが1994年の『イン・ユーテロ』ツアーで使用した壊されたフェンダー・ストラトキャスターや“Heart-Shaped Box”のミュージック・ビデオでカート・コバーンが着ていたシャツも出品されている。

昨年、カート・コバーンは『MTV アンプラグド』で着用していたカーキ色のカーディガンが33万4000ドル(約3630万円)で落札されている。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ